読み込む原風景

有村はじめ

ひかり


金沢21世紀美術館で開催されていた、名和晃平さんの「FOAM」という展示がとてもよかったです。青いライトの灯った薄暗い空間に、大きな泡の塊が置いてある。部屋は少し寒くて、目がチカチカする。

https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1772


美しいものがつくりたい。妥協せず、自分が思う美しさを追求するのもありかもしれない。今は風景の絵を描いていて、パソコンでの仮塗作業をしているのですが、あまりよくありません。

よく晴れた日、カーテンの隙間から差し込む光が絨毯に作る淡い長方形とか、絵よりも美しいんじゃないかと思う。シャボン玉の薄く虹色に光る感じとか。光とか反射って美しいな。