---

有村はじめ

線とベタ、激減した野良猫たち

f:id:poruga777:20180616202315j:plain

f:id:poruga777:20180616202321j:plain

f:id:poruga777:20180616202319j:plain

f:id:poruga777:20180616202324j:plain

 

いろんな綺麗な絵を観て「すごいなー」と思うけど、けっきょくは線と色(ベタ)で描かれた絵が好きだなあ。だから中村さんの絵も、なにが描いてあるかに関係なく、まず絵柄が好きだったりする。メビウスも一緒。

pixivとかtumblrを開けば自分には到底描けそうもない、綺麗で繊細で技術力も高くて素晴らしい絵はたくさんあるけど、なぜかあまり惹かれない。

やっぱり線とベタで描いた絵が好きなんだと改めて実感した。

・・・

最近絵を描くときにたまにやる方法で、ラフ案を最低10個は出すというのをやる。「いいの思いついた! さあ描くぞ」と思って描き始める一つ目のラフより、無理やりひねりだした7~10個目のラフ案のほうが遥かにいいアイデアだったりする。「量は質に転化する」という量質転化の法則がここで効いてくる。

・・・

以前多いときは野良猫が50頭はいた工場、現在は15~20頭になっていた。というのも、その工場の会社はひと月ほど前につぶれてしまい、餌をあげてたおじさん(というかおじいさん?)もいなくなってしまったからだ。僕もたまに遊びにいって猫を撫でたりおじさんと雑談してた。けっこうあの時間は楽しかった。今日近くを通ったので久しぶりに行ったら13頭が僕の周りに集まってきた。こんなことなら餌でももってくればよかったな。みんな人懐っこい。以前、この場所から3頭保護している。さすがに全部保護することはできないので、申し訳ないけど、みんなできるだけ頑張って生きていけるといいなと思う。