---

有村はじめ

「読書」

f:id:poruga777:20170301133642j:plain


もう絵なんか描かない、描きたくない、大っきらいいいいいだ。
やっと雪がふってきた。窓を開けると視界がまっ白だ。年々降雪量が減ってきてる。雪なんて生活するうえでは不便でしかないけれど、やっぱりきれいだし清潔だ。保健室みたいだ。エタノールの消毒的な痛いにおいがする気がする、気がするだけ。

 


果てしなく面倒くさい、果てしなくだるい。
何もかもが、もう何もかもめんどい。世界が雪の重みでつぶれればいいのに。

白色の絵しか描きたくないなーーと思って描いた絵がこちらです。

f:id:poruga777:20170114171830j:plain
↑厳密にいうと色がついてるし白くないけど、厳密にいわなければ白い。これは色をまとめるのが、それなりにむずかしかった。


f:id:poruga777:20170114171953j:plain
↑これは線画です。載せる必要もないけど一応・・・

f:id:poruga777:20170114172129j:plain
↑これは色が濃いヴァージョンです。なんか胃がもたれてくる。載せる必要ないけど一応・・・

・・・

そんな感じの勘違い 段違いなパンチライン
はんぱない やるせない そもそもやる気ない
ああ 老い先 はてしない