---

有村はじめ 絵を描きます

「読書」

f:id:poruga777:20170301133642j:plain


もう絵なんか描かない、描きたくない、大っきらいいいいいだ。
やっと雪がふってきた。窓を開けると視界がまっ白だ。年々降雪量が減ってきてる。雪なんて生活するうえでは不便でしかないけれど、やっぱりきれいだし清潔だ。保健室みたいだ。エタノールの消毒的な痛いにおいがする気がする、気がするだけ。

続きを読む

0113


言いたいこと、話したいこと、たくさんあるんだけど、どれも個人的なことで、けっきょくこれをネット上でさらしたとしてなんの意味があるのかとか考えちゃって、けっきょく黙して語らずお兄さんになっちゃう。
個人が日常的に考えていることをネット上でさらすという行為に疑問を感じなくはない。僕も君もあなたもみんな。「そんな暇があったら、お兄さん、絵を描きなさい」ってだれかに叱られるような気持になる。すいません描きます。叱られたい。
わかんないけどもし宮さん(宮崎駿)がSNSを(やるわけないけど)やってたら、なんかたくさん炎上させそうだな。
人が考えてることなんて、他人からすればどうでもいいし、関心なんてない。所詮、ヒトとヒト、人間性に多様性こそあれど、みんな結局たいしてかわんない。今頭がおかしいので、まともに文章を書くこともできてない。意味不明な乱文長文支離滅裂。

絵を完成させられない。たくさん描いてはいるんだけど、考える時間より悩む時間のほうが断然おおくてよくない。作品の良し悪しを判断する機能が故障している。自分の絵に限らず、何が良くて何がよくないか、何が好きで何が好きじゃないか、もうわかんなくなってきた。客観的な基準に頼るしかないんだけど、自信をもって納得できないので、「完成」の杭をどの時点に打てばよいのかもう判断できない。頭がおかしい。

なんだか急激にさみしくなってきた。


0109 


自己顕示欲はモチベーションになる。
けど、いつまでも自分のことを見てほしいとか認めてほしいとかって思っていられるわけじゃなくて、そのうち自分なんてどうでもよくなる。人は成長する。
「自分のため」に頑張ってた人が、いつしか「人のため」に頑張るようになる。誰かを想って作ったものや頑張った成果に大きな喜びを感じたりする。

僕もこれからは「誰かのため」に頑張ろう、誰かが喜んでくれるものを作ろうとか思うんだけど。同時にそんなやさしい自分を小突いて滾々と説教して蹴っ飛ばしたくもなる。助走付きで。

やりたいことなんて何にもない。
成りたい自分なんてどこにもいない。
頑張る意義なんて見つからない。
精神的に引きこもって自己完結して生きてたほうが気が楽だ。10万円のワインで幸せを感じる人と、300円の缶ビールで満足できる人なら、後者のほうが単純計算で333倍コスパがいいわけだ。基本的に人は満足することができないと思うので、何かを求めても不満は常に付きまとう。

でも、自己完結で満足してる自分にも、頭からお茶をぶっかけてやりたくなる。つまんないヤツだなお前はと・・・。

今年はできるだけたくさんの人に会いたいと思う。人に会うと前向きになれるし楽しい。年初から知り合いの方と会っていろんな話をしたんだけど、とても楽しかった。誰かとおいしいごはんを食べたりお酒を飲んだり、それがけっきょく一番たのしい。

絵を描くことも、作品を人に見せないのなら、それはそれでたのしい。

f:id:poruga777:20170109152521g:plain
この画像は、日記とは関係ありません。

喧嘩はよくない


f:id:poruga777:20160510174235j:plain

喧嘩してる人たち - 有村はじめ

こんな感じのイラストを描いてみました。

適当にテーマを決めて、それをイラストにするという練習でした。今回は「喧嘩」です。最初にテーマを決めて、それを言葉じゃなくて図でどれだけしっかり伝達できるのか、ということを意識してみました。