---

有村はじめ

むずい

f:id:poruga777:20180116215430j:plain


新しいイラストを描いています。上の画像はラフです。当初は写真を模写するだけのつもりだったんだけど、このまま本番を描いても良い感じになる気がしないので、ちょっと悩んでいます。


うーむ。まずテーマを明確にしなくちゃいけない。適当に描いてても、らちがあかない。もう一度考えるところからスタートです☆


・・・


今回は、20台前後の絵にまったく興味のない女の子が好きになってくれるような絵にしようと思っています。工夫工夫!

イラストを1枚描きました

hajime-picture.tumblr.com

趣味のイラストを1枚描きました。


サンリオ大図鑑(Amazon CAPTCHA
を読んだあとなので、サンリオからの影響が如実に表れています笑


イラストの仕事がめっちゃやりたいんだけど、なかなかお仕事来ないのですよねえ。
営業活動とかしたほうがよろしいのかなと思いつつサボっています。。。
ああ、お金ほちい~~~~~


つぎは知人に頼まれた絵と、別の知人にプレゼントするための絵を描くぞう☆

色ぬり開始

  f:id:poruga777:20180114180025j:image

 

全体にとりあえずバチャーっと色をのせてみます。色のバランスはあとから調整すればいいのでまずはとにかくぜんぶ塗るようにしました。

 

というのも、この前買った雑誌で森見登美彦さんが、「まずは全部書くこと。そして推敲する。この推敲の作業がかなり大切です。」という旨のことをおっしゃっていたからです。

 

関係ないけど、今日の金沢は場所によっては積雪70センチだったそうです。今日は天気がよくて、太陽の光を雪が反射するから、とにかく外は眩しかったです笑

 

f:id:poruga777:20180114180538j:image

メジャーな絵


f:id:poruga777:20180113193252j:plain

ポストカードにでもしようかな~とぼんやり考えながら絵を描いています。

Mステにでてる人気の歌手みたいなメジャーな絵が描きたいのですよねえ。。。

コミュニケーション能力と日本一のイラストレーターになることについて


俺は先月くらいまで、医者で対人恐怖症と診断されて投薬治療を受けてて、でも全然よくならなかった。その頃は、人の多いところにいくと具合が悪くなったり、だから用事をけっとばしたり、人を裏切ったり、とにかく酷かった。マジで。

今月の頭くらいに、知人に仕事をまわしてもらった。イラストを描く仕事なんだけど、俺はそういう責任感のあることをやれる自信がなかったので、「やれるかまだわからないんですけど、一週間くらい時間をもらえれば判断できます」って感じのことを言った。

ちなみにこの人は、以前ネット上で知り合って、今までにもかなりお世話になったし、何度か会って一緒に遊んだりさせてもらっていた。知ってるひとだったからなのか、なんか拍子抜けするくらい絵がするすると描けて(といっても自分がまだ不甲斐ないので、要望や修正をたくさん出させてしまったけど)、なんか単純に絵としても、絵に対する取り組み方としても、完全に今までになかったものができた。超経験値が上がったし考え方の幅が広がった。

そのおかげで自分に自信をもてて(絵の具で描いた絵も今までにたくさんの人に購入してもらえてたから自信はあったけど、イラストと絵画では別ジャンルの自信が必要)、おかげで日本一のイラストレーターになりたいと本気で考えるようになった。

具体的には、例えばサンリオのキティちゃんみたいに、国内にとどまらず外国でも支持される巨大コンテンツ(イラスト、キャラクター、グッズなど)をつくれる人になりたい。今までなら自分の好きなものを描いていたので、例えば「綺麗だからこの花を絵の中に描こう」と考えていたけど今は「より多くの人が花だと認識してくれる花の種類(チューリップやコスモスなど)と描き方を選ぼう」とか「ここはあまり細かく描きこみすぎると繊細さだけが目立つつまらない絵だと思われるかもしれないから、あえて単純化させよう」とか、「子供はこのモチーフを認識してくれるだろうか、この形じゃわかりづらいかなあ」とか、これは一例だけど、できるだけ多くの人に好きになってもらえるようにっていう視点で全部描いている。だから描きたいものなんてなにひとつ描いていない(これは今描いている途中の年賀状の絵のはなし)。まあ正直なところ、まだ素人に産毛が生えたような僕なので、まだまだ足りないところだらけかもしれないんだけど、できるだけ強くて遠くまで伝達できる絵が描けるようになりたい。

ということで、10~20年後には、有村はじめはマジで日本一の絵描きになってるのでたのしみにしててください。というか、正直なところ中村佑介さんが僕より何倍も先を走っているので、僕は中村さんと一緒に日本一になりたいです。ということで2018年も頑張ります。

 

※コミュ力についても書こうと思ってたのに、思ったより長くなったのでまた今度にしようっと。