---

有村はじめ

ステンドグラス・意識の違い

f:id:poruga777:20180923190745j:plain

f:id:poruga777:20180924204503p:plain


ハロウィンをテーマにした絵を描きはじめました。
上の画像は張り巡らされたクモの糸がステンドグラスみたいになってたら綺麗かなっていうアイデア。僕は絵の中に描かれている女性(もしくは男性など主要なモチーフ)を魅力的に描こうという意識がこれまでほとんどひとつもなかった。全体を見たときに絵として綺麗かどうかばかりを意識していた。

今回の絵で主人公の女性を魅力的に描けているかどうか、それは正直微妙なところだけど、いつもより少し気合を入れてみました。まだ完成してないけど。

f:id:poruga777:20180924204917j:plain

キティちゃんの絵って「綺麗な絵を描いている」んじゃなくて「キティちゃん」を描いている。その意識の違いを意識して描いてみたいと思いました。

描けない

f:id:poruga777:20180922181843j:plain

以前赤い花の絵を描いて以降、2週間ほどスランプみたいな状態に陥っている。スランプを中村さんは“絵に飽きた状態をかっこよくよんでいる”とおっしゃっていた。たしかにそうなのかもしれない。絵が嫌いになったわけでもないけど、なにを描こうとしてもくだらないものに思えてしまい、描けるものがない。描かなくてはいけないという強迫観念がある。

いろいろと考えていろいろ試してみるけど、なにを描いてもくだらないものに思えてしまう。以前はそんなことなかったんだけど。。。このまま一生絵が描けなくなるのではないかと思うと不安になる。考えすぎなのかもしれない。

もっと楽しめよと思う。楽しめないんだけど。

砂浜、らくがき、感覚をリセット


ネガティブなことを書くと人を不快にしてしまう場合があるので、できるだけツイッターには書かないようにしています。このブログは見てる人がそこまで多くないと思うので、何でも書ける。

急に思い立ち猫のリードと首輪を買って、砂浜に行ってきた。すでに日は暮れかけていて薄暗かったけど、周りには自分たちを丸のみするような大きな砂浜と、遠くまで続く真っ黒な海と、紺色とライムグリーンとオレンジ色の空が大きく広がっており、月と星もあった。とても綺麗でした。地方なので空がとても大きい。室内飼いの猫は外出を嫌がるけど、うちには一匹だけ外があまり苦にならない雌猫がいて、砂浜にぐでっと寝転んで気持ちよさそうにしていた。気分転換になりました。

f:id:poruga777:20180917192331j:plain

個展前だし絵の具の絵を描けよってところではあるんだけど、パソコンでなんとなくらくがき。なんか新しい絵柄が模索できないだろうかと思うんだけど、しっくりこない。どんだけ描こうと思っても、描いたものがとてもつまらないものに思えて仕方なく、おそらく感覚が麻痺していると思うので、一週間くらい絵から離れようかなあと思う。それで感覚がリセットされればいいなあと思う。